« ホルモン分泌の異常によるもの | メイン | 女性ホルモンの働き »

女性ホルモン分泌のしくみ

 排卵前になるとエストロゲンが徐々に増量し、ピークを迎えた後に減少します。排卵後にはエストロゲンとともにプロゲステロンが増量し、生理前になると両ホルモンが急激に減少していきます。このように、月経周期に伴って二種類のホルモン(女性ホルモン)量が増減することをさして、女性ホルモンのバランスと呼んでいます。この女性ホルモンは卵巣から分泌され、排卵と密接な関係を保っています。
 エストロゲンは卵胞期(月経期から排卵が起こるまでの間)に卵巣内で育つ卵胞から分泌され、プロゲステロンは黄体期(排卵してから生理が来るまでの間)に卵胞が変化することによってつくられる黄体から分泌される(このときエストロゲンも同時に分泌されます)ため、排卵がきちんと行われているかどうかによってホルモンの分泌状態にも変化が生じます。