« 女性ホルモン分泌のしくみ | メイン | ストレスと女性ホルモンの関係 »

女性ホルモンの働き

 エストロゲンは子宮内膜を増殖させて厚みを持たせるように働き、プロゲステロンはそこに栄養分が行き渡るように働きます。この働きにより、受精卵を育てていけるだけの環境を提供して、受精卵が着床するのを待っています。排卵からおよそ2週間経つと、黄体は自然に退縮するようになっていて、黄体から分泌されている両ホルモンは急激に減少、それにより、子宮内膜が一斉に剥がれて出血が起こり生理が始まります。