« 身体への信号 | メイン | 無月経 »

月経前緊張症

 月経の3〜10日前から、イライラしたり、手足にむくみを感じたり、生理痛のような症状があるが、月経が始まると同時に、症状が消えたり、軽くなったりするのを月経前緊張症といいます。この病名の知名度は低く、月経に伴う症状は当たり前のようにやりすごしてしまう場合がほとんどのようです。
 身体的症状としては、腹痛、乳房が張るまたは痛む、腰痛、頭痛、むくみ、疲れやすくなるなどがあります。精神的症状としいては、イライラする、怒りっぽくなる、眠くなる、落ち着かない、憂うつになる、集中力が低下するなどがあげられます。
 排卵や月経は、さまざまなホルモンの連携により正常にコントロールされています。そのためホルモン調整のどこかが乱れると、月経前緊張症が起きると考えられています。職場や友人などとの人間関係、生活環境の変化によっても簡単に影響されることがあるようです。