« 月経(生理)持続期間と血量の異常 | メイン | 過多月経と過少月経の症状と原因 »

頻発月経と稀発月経の症状と原因

  頻発月経とは、周期が短く頻繁にある月経のことを言います。原因としては、排卵があり、卵胞期、黄体期が極端に短い場合。無排卵で、卵胞内で卵子が大きく育たないために排卵が起こらず、月経期がすぐに来てしまうばあいを言います。量が極端に少なく、だらだらと2週間も続くケースもあります。
 稀発月経とは、月経周期が長く、たまにしか起きない場合を言います。目安としては、年9回以下とされています。周期が長くても、定期的にあって毎回排卵があれば問題なく妊娠できますので、基礎体温を測って排卵があるか確認することが必要です。しかし、もしそれが年に3〜4回という場合は、卵巣や下垂体の機能不全の可能性もありますので、一度婦人科を受診してみる必要があります。 

margin: 0 .07em !important;

荳譌・荳ュ豎励ョ繝九が繧、縺梧ー励↓縺ェ縺」縺ヲ莉穂コ九↓謇九′縺、縺九↑縺縺ェ繧薙※豌励′豌励§繧縺ゅj縺セ縺帙s縲

繧ッ繝ェ繧「繝斐シ繝ォ繝「繧、繧ケ繝医′繧ゅi縺医kシ√ヮ繧「繝ウ繝縺ョ蜉ケ譫懃噪縺ェ繝斐シ繝ェ繝ウ繧ー譁ケ豕輔→縺ッシ
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) 螯雁ィ荳ュ縺ァ繧ょョ牙ソシ溘ヮ繧「繝ウ繝縺ョ繝槭槭↓繧ゅ≧繧後@縺謌仙縺ィ縺ッシ
  • 繝繝ェ繧ア繝シ繝医だ繝シ繝ウ縺ョ繝九が繧、シ医せ繧ス繝ッ繧ュ繧ャシ
  • 繝弱い繝ウ繝縺ァ繝√メ繧ャ縺ク縺ョ蜉ケ譫