« 頻発月経と稀発月経の症状と原因 | メイン | 症状 »

過多月経と過少月経の症状と原因

 過多月経とは、血量が多く8日以上ある場合をさして言います。このケースでレバーのような血の塊が出る場合は要注意です。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋腫などの可能性が考えられます。
過少月経とは、血量が少なく、1〜2日で終わる場合をさして言います。子宮の発育不全やホルモンの分泌異常、又無排卵の場合などが考えられます。ピルを飲んでいる人は過少月経になることもありますが、その場合はまずは心配いりません。その他閉経期の人もだんだん少なくなります。下腹部痛を伴うときは、子宮外妊娠の場合がありますので、病院を受診してください。