« 過多月経と過少月経の症状と原因 | メイン | 種類 »

症状

 プロスタグランジンという子宮を収縮させるホルモンが子宮内膜に多い場合、子宮の収縮が強くなり、痛みが起こります。その他、子宮口が狭いために経血がスムーズに出て行かないので、それを押し出そうとするために子宮の筋肉が強く収縮するともいわれています。こういった症状は、出産経験のない女性に多いようです。
 強い月経痛が毎回起こる場合には、子宮内膜症や腺筋症、子宮筋腫などの病気が疑われます。その他、薄着や冷房による冷えによる場合、運動不足などにより、骨盤内がうっ血して起こる場合、ストレスで視床下部が正常に働かない場合なども考えられます。