子宮内膜症


子宮内膜症について

子宮内膜症とは、もともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜あるいはその類似の組織が、子宮の内側以外の場所(子宮筋層・卵巣・卵管など・腹腔内)に入り込み、そこで増殖してしまう病気です。
月経周期に合わせて増殖や出血を繰り返すため、子宮の筋肉が瘤のようになったり、卵巣に血液がたまり、チョコレートのようになるチョコレート嚢胞や、腹膜の癒着などを引き起こします。
年齢的には四十歳前後の発症が多いのですが、最近は十代の発症も少なくありません。
症状は月経痛、排便痛、性交痛、腰痛、月経過多、不妊症などがあり、特に不妊症は子宮内膜症患者の三割もあるとされています。
特殊なものとしては臍や腟・外陰部・帝王切開の手術の傷などや肺などにも発生することもあります。
近年、子宮筋層に発生したもの(内性子宮内膜症)については子宮腺筋症と呼ぶこととし、子宮内膜症とは別に取り扱うようになりましたので、現在で子宮内膜症と呼ばれるものは、子宮外に発生したもの(外性子宮内膜症)のことを指しています。
子宮内膜症の発生メカニズムについてはいろいろな説がありますが、まだはっきりわかっていないというのが現状で、なぜ子宮内膜症が発生するのかについては、未解決の問題です。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の症状は、月経痛・骨盤痛・月経時以外の下腹部や腰の痛み・不妊が挙げられます。
周辺臓器との癒着が進むと、臓器同士がひきつった不自然な状態になり、臓器の動きも悪くなるので、下腹部痛や性交痛の原因になります。
また、不妊と子宮内膜症は大きく関係していると考えられるものの、その因果関係は明らかにはなっていません。

子宮内膜症のできやすい場所

子宮内膜症が出来やすいとされているのは、骨盤の中に納まっている子宮漿膜面(しきゅうしょうまくめん)、卵巣、仙骨子宮靭帯(せんこつしきゅうじんたい)、ダグラス窩(か)(子宮の後側のくぼみ)などです。
また、そのような場所では通常の月経のように月経血が排出されないでその場にとどまってしまい、周辺の組織との癒着を引き起こします。

生活上の注意点

子宮内膜症は非常に再発しやすい病気であり、ホルモン療法をした患者は、2〜3ヶ月に1回は受診して経過を観察する必要があります。
子宮内膜症の治療には長い時間がかかる場合が多く、患者自身が治療に前向きになることと、治療にあたっている医師との信頼関係がとても重要になってきています。
原因と共に、確実な予防法はまだ分かっていない現状ではありますが、適度な運動は子宮内膜症の発症を予防するのに効果があるということがわかっています。

子宮内膜症にかかりやすいタイプ

子宮内膜症にかかりやすいタイプは、やせ型の人や胃腸下垂型の人に多いとされており、また、遺伝的な要素もあると言われます。
一般的に20〜35歳くらいの人がなりやすく、10代にもかなりの頻度でみられます。
特に血液がドロドロで血行不良の人はかかりやすいと言われています。