子宮ガン

子宮ガンについて

女性特有のガンは何と言っても子宮ガンです。
現在、子宮ガンによる死者は胃ガン、肺ガンに次いで第3位となります。
死亡者を数字で表すと、年間5千人にも昇るとされています。
その死亡者中には検診を一度も受けたことがなく、早期発見のチャンスを逃したというケースが少なくありませんので、定期的に子宮がん検診を受ける必要があると言えるでしょう。

子宮ガンの種類と検査

子宮ガンは、腫瘍のできる部位によって頸ガン(子宮の入り口の部分)と体ガン(赤ちゃんが宿る部分)とに分類されます。
日本人に多く見られるのは頸ガンで、40才代に発生し、初体験の年齢が若く、子供をたくさん産んだ女性が非常に高い率を示しています。
その理由はまだよくわかっていませんが、パピローマウイルスという皮膚や粘膜にイボのような腫瘍を作るウイルスが原因で、パートナーの男性がそれを媒介するのではないかと疑われています。
それに対して、欧米人に多く見られる体ガンは、主に更年期以降に発生し、子供を産んだことのない人や高年になって結婚して出産した人、30才後に月経不順がある人に多く見られます。
日本でも、このところ生活習慣が変化したせいか、最近はこのタイプのガンが増えてきました。
いずれのガンも、最初の症状は赤〜茶褐色のおりものの異常や性器出血であり、特に頸ガンでは性交時の出血です。
幸い子宮ガンは成長が極めて遅く、ガンが粘膜にしか存在しない「ゼロ期」が続く期間はかなり長いのです。
したがって、早期に発見しさえすれば100%治ります。
また、治療も比較的小規模ですみますので、できれば、35才になったら年に1度は検診を受けましょう。
通常の検査は綿棒で子宮の入り口をこすって細胞を採る(パップテスト)だけですから、痛みもなく1〜2分ですみます。
ただし、子宮の中から出血している場合には、体ガンを疑って子宮内膜の組織を掻き取る必要があります。