更年期障害


更年期障害

更年期とは卵巣の働きが衰え、停止するまでの期間のことを言います。
簡単に言うと、閉経を迎える50歳前後の約10年間がそれに当たると言われています。
更年期は医学的には「妊娠可能な期間を終える時期」と言われていますが、妊娠の鍵を握るのが女性ホルモンです。
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあり、特に更年期に影響を与えるのは、しなやかな女らしさや健康なからだを作るエストロゲンです。
エストロゲンは10代初めの初潮を迎えるころから盛んになり、20〜30代でピークを迎え、閉経にむかう40代後半で急激に減少していきます。これは、女性が年齢を重ねるとともに起こるごく自然なできごとで、一般に50歳を境とした前後の5年ずつくらいがこれにあたります。
閉経の準備に入ることで、このエストロゲンが突然減少していくため、体の中は大混乱を起こします。
そのため、更年期は身体と精神の両方に様々な異変が表れてくるのです。
これを更年期障害と呼んでいます。

イソフラボン

イソフラボンとは、大豆に含まれる成分で、特に大豆の発芽する部分「胚芽」に多く含まれています。
胚芽は"えぐ味"や"にが味"が強く、食するには敬遠されてきました。
しかし近年の研究により、胚芽に含まれるイソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に非常に良く似た働きをし、骨粗鬆症やガンの予防、また更年期の不快な症状を軽減するなど、人間の健康にとって非常に優れた機能を持つということと、「アグリコン型」と「グリコシド型」との2種類があることがわかってきました。
大豆イソフラボンの含有率は、重さで、大豆全体の約0.2〜0.4%とごくわずかですが、大豆胚芽には重量比で約2%のイソフラボンが含まれています。
緯度の高い地域で生産された大豆胚芽に、より多くのイソフラボンが含まれていることなども研究の結果わかってきたそうです。
イソフラボンには2種類あると言いましたが、アグリコン型イソフラボンは、グリコシド型イソフラボンから糖分が切り離されたイソフラボンのことで、普通のイソフラボンとは違って、誰でも効率よく吸収することができます。
イソフラボンの機能をすばやく体感するには、このアグリコン型イソフラボンを積極的に摂取するようにしましょう。
アグリコン型イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造を持っていますので、体内で優れた機能性を発揮することが学会や論文などで確認されています。
また、更年期障害は、アグリコン型イソフラボンを使用したサプリメントを飲むことで、症状を軽減させることもできるので、更年期障害で悩んでいる人はサプリメントを効率的に使用してみてもいいですね。

更年期障害の症状

更年期の代表的な症状として、ほてり、のぼせ、むくみ、発汗など身体にあらわれる症状や、イライラ、憂うつ、気分不安定といった精神にあらわれる症状が知られています。
これらの症状は、人によってほとんど気づかれないものから、日常生活に支障をきたすものまで、その程度は様々です。
閉経前後の更年期の女性の身体は、今までのエストロゲンの分泌が多いことで安定していた時期から、少ないことで安定する時期へ向けて、慣れていくまでの過渡期にあたります。ところが、この変化に、脳の視床下部(エストロゲンの分泌をコントロールする)では、不足したホルモンを補おうと大混乱に陥ります。
それによって、視床下部と隣り合わせる自律神経中枢がこの影響を強く受け、様々な症状を引き起こします。
その他、エストロゲンには骨の健康や血中コレステロール、脳の機能にも作用しているため、閉経後もさまざまな症状に大きく関わってきます。

ホルモン補充療法の危険性について

加齢により卵巣のエストロゲン(卵胞ホルモン)生産生成能力が低下し、肉体的、精神的にも不快な様々な症状が現れてきます。
それにより、女性の心臓病、骨粗鬆症、記憶障害の危険率を上昇させるきっかけになり、逆にエストロゲン値が高い場合は、子宮癌や乳癌の危険性が高くなります。
なぜなら、エストロゲンには子宮内膜を増殖させる働きもあり、刺激された細胞は癌を作り出してしまうからです。
ホルモン補充療法には馬の尿を原料に、化学合成でつくられたエストロゲンが使用されています。更年期障害の緩和、骨粗鬆症に有益であることが確認されていますが、ホルモン補充療法が子宮内膜癌、乳癌、血液凝固の危険性を高め、体重増加、腹部膨満感、皮膚の炎症等の副作用を持つことも報告されていますので注意が必要です。

γーアミノ酪酸(ギャバGABA)による治療法

発芽玄米(1mm程度芽を出した玄米)は、酵素が活性化して胚芽の部分に、γーアミノ酪酸(ギャバGABA)が通常の玄米の10倍程度蓄積されます。
また、たんぱく質やミネラルといった栄養成分も増えることがわかってきました。
アミノ酸の一種であるγーアミノ酪酸(ギャバGABA)には、血圧、肝機能、腎機能、血糖抑制、大腸癌抑制、更年期、初老期の不眠、抑うつ及び自律神経障害、便秘、ダイエットなどの改善に有効です。
更年期、初老期の不眠、抑うつ、及び自律神経障害(更年期、初老期の不眠、抑うつなど)について二重盲験試験を実施しました結果、GABA投与後、8週には有意差が認められるレベルに改善されたそうです。
GABA投与をプラセボ(有効成分を含まない偽薬)に切り替えると、症状がもとに戻るという実験結果がでていますので、γーアミノ酪酸(ギャバGABA)により治療法も注目されています。