月経前症候群(PMS)


月経前症候群(月経前緊張症)について

月経前症候群とは、別名「月経前緊張症」とも呼ばれ、「PMS(プレ・メンストリアル・シンドローム)」と略されることが多い病気です。
生理痛ではないにもかかわらず、生理の一週間〜二週間前から生理の開始ごろまで、だるさ・イライラ感・むくみなどのさまざまな症状が現れます。
この時期の女性は仕事や学業の能率がにぶり、ミスが多くなって、普段よりもはるかに事故にあいやすいといわれています。
女性が社会に進出するようになって、月経に伴う症状が周囲に多大な影響を与えるようになってきたため、その症状の予防や、治療への関心が高まってきています。
その原因については、卵巣機能(女性ホルモン)のバランスが悪かったり、女性ホルモンの感受性が高まって好ましくない症状が表に出てくることと考えられています。
月経の前約2週間は黄体期と呼ばれ、基礎体温が高温になっている時期で、この時期に分泌される黄体ホルモンの影響で基礎体温は上昇します。
これはゆったりとなるホルモンでもあるために眠くなったり、だるくなったりするのですが、それに対して、このホルモンが不充分である場合はかえってイライラしたり便秘になったりすることがあります。
症状の改善には月経困難症と同様に、ピルや漢方薬が用いられることが多いですが、精神的な症状が重い場合は、カウンセリングや精神安定剤、抗うつ薬によって効果が現れる場合もあります。

低用量ピルによるコントロール

排卵以降に体調不良が出現するのであれば、排卵を抑制することで緩和できるという考えに基づき、低用量のピルにより、ホルモンをコントロールして症状を緩和する療法を行います。しかし、ピルにもそのホルモンの含有量に違いがあり、その人その人によってあった種類があり、試行錯誤しなければならない場合が多いです。
多くの産婦人科医はこの分野について全く素人の先生も多いのが現状ですので、PMSの状態を十分に把握して、十分な治療(カウンセリング)をしてくれる医師に出会うことが最大の難関となっています。

月経前症候群の症状

月経前症候群の症状には以下のようなものがあります。
精神症状・・・イライラ、憂鬱、気が散る、不眠
神経血管症状・・・頭痛、めまい、肩こり、動悸
乳房症状・・・乳房緊満感、乳房痛
消化器症状・・・嘔気、嘔吐、腹部膨満感、便秘
水分貯留症状・・・浮腫、体重増加
呼吸器症状・・・アレルギー性鼻炎、喘息
皮膚症状・・・にきび、じんま疹、かゆみ
実にたくさんの不快な症状が現れるため、月経前症候群に悩まされる女性が後を絶ちません。
ただし、適切な治療を受けることによって症状は軽減されるため、あまりにも辛い場合は我慢することなく専門医の診察を受けるようにしましょう。

月経前症候群タイプ別治療

月経前症候群の症状としては人それぞれ違います。
タイプ別の治療法としては以下のものが挙げられます。
・便秘型(生理の前に便秘が悪化する)・・・便秘の薬にて症状の改善
・プロラクチン過剰型(高温期にプロラクチンというホルモンが異常に高くなる)・・・プロラクチンをコントロールする薬を使用
・水分貯留型(生理前の体重の増加が非常に多い)・・・この時期に利尿剤を使用する
・抑うつ型(特にうつ状態がひどくなる場合)・・・抗うつ剤を適応
・精神緊張型・・・精神安定剤必要
自分はどんなタイプなのかはわからないという人も多いかと思いますので、専門医に受診した際は、生理前にどんな症状になるのかをきちんと相談するようにしてください。

22年間で13,000人の子宮筋腫を改善した方法